ひつじの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS はんこ で ポンッ!

<<   作成日時 : 2009/09/01 01:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本の印鑑と海外のサイン。 初めて知った現実。へぇ〜。




友人と 印鑑証明 の話になって

大掃除中 の家の中から探し出した。

紛失 したらシャレにならんっ!


再発行 してくれようとも

面倒は 一つでも 減らしたい。




ちょうど そんな話のときに

興味深い記事 をみつけたのでご紹介!


特派員メモ (パリ) 記者 国末憲人

題名 「 私のサインは ・・・ 」



(簡略していきます)

日本では 部長の印鑑 を

しばしば 秘書 が持っている。

留守でも 秘書がポン。

これで 部長 は一日中書類を

待ち構える 必要はない。



だけど

欧米では 印鑑はなくサインだ。

どうしているのか。 その謎が先日解けた。





さる事務所に 証明書 をもらいに行った。

事務長は不在。 困ったなと思ったら

隣室の秘書が 事務長に代わってサインする。

「 はい どうぞ 」。 手慣れている。



パリ で知人が経営する コンサルト会社 に

顔を出すと なんだかあわただしい。

提出する文書 を下請けして作成しているのだが

提出期限 が2時間後に 迫っているという。

知人が電話で 提出先にいる代理人に

「 私のサインを FAX するから まねて書いて 」

それが 公文書 として通用する。



次にの騒ぎは

「 ピエールだから P と R を適当に

組み合わせれば いいのよ 」

それで大丈夫。





現実的といえば現実的。

私の サイン もこうして

どこかで まねていないだろうか。




とある。



欧米は 必ず どんなときでも

直筆のサイン なんだと思い込んでた。

海外に住んでいた 住んでいる友人

にも 確認 したことが なかった ・・・。



なんだか 日本 のほうが まし?

に 思う のは私だけか。うーむ。



ハンコは 形がある ものなので

形が変わっていれば 偽造もしにくい。

サイン偽造は 巧妙 じゃないか?




いや どっちもどっちか ・・・・。


謎は解けたが 複雑な気分だわ〜〜。(ひょ〜)


不思議なハンコ屋―山本印店物語
マキノ出版
山本 桃仙

ユーザレビュー:
ハンコやさんの魅力の ...
お会いしてみたい!あ ...
ほんま、不思議なハン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はんこ で ポンッ! ひつじの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる